2010年02月16日

岡田監督続投、新コーチ見送り…無策でW杯へ

岡ちゃんと心中――。地元開催の東アジア選手権で3位に終わり、去就問題が浮上した日本代表の岡田武史監督(53)が15日、東京・本郷のJFAハウスで日本サッカー協会の犬飼基昭会長(67)、原博実強化担当・技術委員長(51)と緊急3者会談を行った。岡田監督から謝罪と説明を受けた犬飼会長は、6月のW杯南アフリカ大会まで全面支持することを伝え、日本協会の公式サイトに「岡田監督でW杯を戦う」と異例の声明を発表した。



 午後3時30分から日本協会で行われた犬飼会長、原技術委員長、岡田監督の緊急3者会談。40分間の話し合いの末に出た結論は、あくまでも岡田監督で南アフリカに行くというものだった。



 岡田監督「(犬飼)会長からはぶれることなくやってくれと言われた。ああいう試合をして申し訳ないと言ったが、会長はようやく日本人らしいサッカーをしているんだから、それを続けないといけない、このまま(代表監督を)やってくれと言われました」



 原技術委員長からの早朝の電話で協会に呼び出された岡田監督は、14日の韓国戦で1―3と完敗するなど東アジア選手権3位に終わったことを謝罪。選手のコンディションが十分でなかったことに加え、W杯を見据えてプレーするよう指示したことから「気持ちの面でこの大会を絶対に獲るんだという気持ちに(選手たちを)させられなかった。W杯につながらないといけないと言っちゃったんで。自分にもそういう意識があったかもしれない」とチームを目の前の試合に集中させられなかったことを反省した。



 犬飼会長は前夜の韓国戦後、監督解任は否定しながらも、岡田監督の事情聴取を明言。新コーチ招へいなどテコ入れについても含みを持たせた。だが、この日の会談でチームの現状と戦い方について説明を受け、「同じことを感じていて、共通の認識で安心した」と岡田監督を支持する方針を決定。日本協会のホームページでは監督交代のリスクや難しさを説明しつつ、監督を続投させると発表した。原技術委員長も「1試合負けたぐらいで信頼が揺らぐことはない。選手と監督がうまくいってないとも思っていない。岡田監督でW杯に行くことに変わりはない」ときっぱり。新コーチ招へいも見送られ、3月3日のアジア杯最終予選バーレーン戦(豊田)にも勝利や内容のノルマを課さないことを決めた。



 第2次政権最大の危機を乗り切った形の岡田監督は、すっきりとした表情で言い放った。「クビになるのが嫌で何か変えるとか全くない。この仕事を引き受けたときに覚悟はしている。このやり方を変えるというのであれば、多分(代表監督を)やらない」。目指すは岡田スタイルでのW杯4強。日本協会は監督を交代できる最後のタイミングで何も手を打たないまま、指揮官に命運を委ねることになった。




※この記事の著作権は、ヤフー株式会社またはスポニチアネックスに帰属します。
posted by yoshiki at 12:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インリン第1子懐妊、自身のブログで発表

タレントのインリン・オブ・ジョイトイ(34)が第1子を妊娠したことが15日、分かった。誕生日の同日、自身のブログで発表した。

 すでに妊娠4カ月で、ブログではエコー写真も公開。「お腹が日々大きくなっていくのが楽しみです。だって、女性だからこその、神秘的でセクシーな妊婦姿になれるんですもの!やさしさ、強さ、セクシーさを兼ね備えた良いママになれるように頑張りま〜す」と喜びをつづった。

 所属事務所によると、出産予定日は7月で、ギリギリまで仕事を続けていくという。16日発売の写真週刊誌「FLASH」には、早くも妊婦姿のセクシーグラビアを披露している。

 インリンは08年9月にプロレス団体「ハッスル」元社員と結婚。ハッスルでは、“インリン様”として産み落とした巨大卵から元横綱・曙(40)に酷似したボノくんが誕生するなど活躍?していた。夫もブログで「卵でもなければ、横綱級の大きな子でもありません。お腹の中に真の新たな命が誕生しました」と新たな家族の誕生を喜んでいた。



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社またはデイリースポーツに帰属します。

posted by yoshiki at 12:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

<シー・シェパード>メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入

赤松広隆農相は15日、南極海の調査捕鯨船に反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」の男性メンバー1人が乗り込んだことを受け、このメンバーを海上保安庁に引き渡して国内の司法手続きにのっとり刑事処分できるかどうか、関係省庁と協議する方針を明らかにした。調査捕鯨を妨害したSSのメンバーが日本当局に引き渡されれば、初のケースとなる。



 水産庁によると、このメンバーは先月、調査船「第2昭南丸」(712トン、小宮博幸船長)と衝突し大破したSSの抗議船「アディ・ギル号」のニュージーランド人船長。今月15日午前9時ごろ(日本時間)、南極海で調査捕鯨をしていた「第2昭南丸」に、水上バイクで接近。侵入を防ぐ防護ネットをナイフで破って船内に乗り込み、衝突事故の損害賠償として約3億円の請求などを求める書簡を第2昭南丸の乗員に手渡したという。



 SSの男性船長は乗り込んだ際、右手親指に軽傷を負い、第2昭南丸の乗員から手当てされた。その後、日本の船員法に基づき身柄を保護され、24時間の監視下に置かれている。第2昭南丸の乗員約20人にけが人はなく、船体にも被害はない。



 SSの男性船長は、11日の酪酸とみられる液体入りの瓶を撃ち込んだ妨害行為も自身がやったことを認めているという。このため、水産庁は、一連の妨害行為が傷害や不法侵入、器物損壊容疑にあたるか、関係省庁と協議していきたいとしている。



 SSメンバーによる調査船へ乗り込んでの妨害は、08年1月以来2回目。前回は、調査船「第2勇新丸」に英国人と豪州人の男性2人が乗り込んだが、日本側は2人を豪州政府に引き渡したため、批判が起きた。



 赤松農相は「遺憾だが、厳正に法にのっとって対処したい。これを機に、SSをはじめとする関係者はぜひ反省してもらいたい」と述べた。【太田圭介、奥山智己】



 ◇公海でも日本の法適用



 船舶は旗国(掲揚する旗の国)に管轄があるため、日本船籍の「第2昭南丸」に対する反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」の妨害行為は、公海で行われていても、日本の法律が適用される。



 現在、第2昭南丸に乗り込んでいるSSの男性船長は侵入を防ぐ防護ネットをナイフで切って船内に侵入しており、海上保安庁によると、刑法の住居侵入等の罪が成立するという。SS側が投げた液体入りの瓶で捕鯨船員の体調が悪化しており、侵入した男性船長が瓶を投げたことが裏付けられれば傷害罪も適用可能だとしている。



 一方、同庁によると、成立した海賊法では、略奪目的の海賊であれば公海上でも逮捕が認められているが、SSは環境保護を主張しており、海賊法の適用対象ではないという。



 08年にSSの活動家が日本の調査捕鯨船に乗り込んだ際は、日本の引き取り要請をSS側が拒否したため日本が豪に要請し、身柄を引き渡した。今回、侵入した船長を逮捕すると決定すれば、海保が艦船か飛行機で南極海まで身柄拘束に出向くか、第2昭南丸が日本に帰港したところで逮捕することになるという。【石原聖】


※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または毎日新聞に帰属します。
posted by yoshiki at 22:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。